なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【web内覧会 7】暗い寝室

今回は寝室です。

建築中から寝室が暗いのではと気になっていました

計画段階では寝室だから暗くてもいいだろうと深く考えてませんでした。
しかしよくよく考えると、私は朝がよわいので明るくないと起きれないんじゃないかと心配になってきました
あと妻の化粧スペースもあるので自然光が入ってこないとやりづらくないだろうか・・・


そして出来上がった寝室

MBR_02.jpg

想像通りの暗さ
それ以上でもそれ以下でもないまさに思っていたとおり。




この部屋の窓は2つです。

MBR_01.jpg

北側にFixと滑り出し窓がセットになったやつ。
東側に小さなスクエアの滑り出し窓。
もっと大きな窓を付けることも可能でしたが結局こうなりました※過去記事

しかし案外住んでみると慣れるものです。
朝も普通に起きれます
そこまで暗いと感じなくなりました。
(まだカーテンやブラインドが付いてないからかもしれませんが・・・)
妻も結局1階に降りてくるのが面倒で2階のダイニングで化粧してるし




照明はブラケット2灯とペンダント、化粧スペースにダウンライト2灯です。
ペンダント照明は賃貸マンションに住んでた時に使っていたものですが、捨てるのがもったいないという理由でここに使うことになりました。
(写真は入居前なのでまだ付いてません。)

これが気に入らない・・・
天井の電源にはめこむ器具がゴツいし雰囲気に合ってない気がする。
天井高がH2,200mmしかないので器具のゴツさが目立つ。
コードもあんまり垂らすと頭にぶつかるからだいぶ短めに調整しています。
かなりバランスが悪い
最初に設計Tさんに提案されたダウンライトにしとけばよかったと思ってます。
そのうち違う照明に変えよかなー



ブラケットだけでも十分明るいのでペンダント外しちゃってもいい気がします。

MBR_03.jpg

寝室なのでこれくらいの明るさがあれば十分



寝室で読書することはあまりないですが、一応手元を照らすライトも付いてます。

MBR_04.jpg

なかなか強烈
ブラケットライトの下にレバーが付いてて方向はある程度かえられます。
スイッチもライト下部に上方向と読書灯それぞれ付いていてベッドに入ったままONOFFできます。
メーカーは大光電機。
ちなみにウチはペンダント以外、ダウンライトから間接照明まで全て大光電機です。
特にメーカーにコダワリがなかったので提案されるがままにそうなりました。


あと上の写真の右側壁面には収納があります。
うっすら扉のラインが写ってます。
階段下のスペースが空いていたので収納を作ってもらいました。
扉があまり目立たなくていい感じ





入口側です

MBR_05.jpg

このカウンターが使われていない化粧スペース
エアコン設置部分は壁が奥まっています。

扉はシューズクロークと同じものです。
ラワン合板の引き戸で、引き手の代わりにスリットが切ってあります。




扉を開けると向かい側に子供部屋と自室の入り口が見えます。

MBR_06.jpg

階段も少し見えてますね。





カウンターですがなぜか天板と引き出しが違う色です。

MBR_07.jpg

家全体を通して引き出しや棚の扉は茶色でテレビボードやトイレ手洗いのカウンター類は無塗装です。
天板は無塗装、扉は茶色というルールでこうなったんだと思います。

でもここはどっちかの色で統一してほしかったなあ
塗装してもらおうかと思いましたが、だんだん見慣れてこれはこれでいいかなと思い、結局そのままでいくことにしました



寝室はこんなところです。


あっあとこの部屋はめっちゃ涼しいです。寝やすい
ということは若干冬が恐怖でもありますが・・・





それではっ





にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。