なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強烈すぎる間接照明を調整してみる

前回の記事で書いた強すぎる間接照明をなんとかしたいと思います


といっても大かがりなことをするわけではありません。
幕板を立てて光の伸びる角度を調整してみます


どうゆうことかというと、
こういう状態なのを
tape.jpg






こういう状態にしてやろうということです。
tape_maku.jpg





まずは幕板の素材選びです。

結構がっつりと光を遮るので、暗くなってしまい過ぎないように半透明な素材がいいかな
光を拡散してくれるようなヤツがいい。





とりあえずコーナンに行きます(関西にいっぱいあるホームセンター)
困ったときのコーナンです。コーナンプロがあるとなおよい。

最初はアクリル板の白いやつなんかを思い浮かべてました。
でももっと安くて加工しやすいものを発見




これにしました。
maku_01.jpg

この写真じゃただの白い板ということしかわからない・・・

プラダンです
長手が1800mmだったかな。デカイ。
空気抵抗に負けず、自転車でもって帰ってきました。







まずはプラダンの折り目を付けたい所にラインを引き、そこに切り目を入れていきます。

maku_02.jpg








そしてそれを折り曲げてこんな形にします。

maku_03.jpg

すでになんか刺さっていますが、こんな風に穴を何箇所かあけていきます。







ネジで留めて広がらないようにします。

maku_04.jpg

接着剤でもいいですが、ネジは外せるので融通が利くかなと思ってそうしました。




これで幕板完成です

maku_05.jpg

ほんとに簡単なものです。







これを3個作ります。

maku_06.jpg

間接照明の範囲が5200mmくらいだったので3本でちょっと余るくらいです。
あとは現場合わせです。




謎の棒状のものを3本持って朝っぱらから電車で新居へ。
そして一旦新居に置いてそのまま仕事へ。
仕事帰りに新居へ行き作業再開です。

この時期は引き渡しを終えていましたが、まだ引越してない状態でした









さて、あとは設置するだけ


なのですが、キッチンの吊り戸棚の上なのでなかなか大変でした
なんせ引越し前なので脚立や椅子など足場になるようなものがないという。



こんな状態で作業してました。

maku_09.jpg

カウンターの上に乗り、吊り戸棚の扉を開け、片手で上端を掴んで反対の手で幕板を持つ。
吊り戸棚とカウンターのツラなので体を後ろに傾けながらの作業です。腕がプルプルする




これが吊り戸棚の上のLEDテープライトです。

maku_07.jpg

この器具の前に幕板を置きます。
幕板と光源の距離で照射される光の角度が変わるので、照明を点灯しながら調度よい位置を探します。





こんな感じになりました

maku_08.jpg

割りと横幅がピッタリになったので特に固定はしていません。
ちょっと風が吹いたくらいじゃ動かなさそう


これで完成です







幕板を付ける前の状態↓

KL_03.jpg



幕板を付けたあと↓

KL_05.jpg



ちょっと遮りすぎて天井面の光の伸びが少ないので、もうちょっと光源と幕板を離したほうがいいかな。
でもクッキリとした光と影がなくなって、前と比べるとよい感じです


細かい調整は脚立を手に入れてからにしよう





それではっ






にほんブログ村
スポンサーサイト

- 2 Comments

すず  

No title

おお、改善しましたねーー^^
たしかに、元は少し光が強そうですね。
光の先になにかあるのならドラマチックかもしれませんが。

前回の記事になりますけど、うちも間接照明端まできてませんよ。
さらにいうと途中でどうしてもよけられない柱があったために
光の間にさらに間があいてます。
住んでしまったら気にならないですけどね。。。

2016/06/02 (Thu) 15:09 | EDIT | REPLY |   

テツオ。  

Re: No title

>すずさん
こんにちは。
向かいの壁にプロジェクターで映してるかのような光が当たっていたので、すごい違和感がありました(;-ω-)ゞ
なんとかなってよかったです。
すずさんちも端まで光ってないのですね。
わりと普通のことなのかなあ。
確かに住んでみると全然気にならなくなりました(笑)

2016/06/04 (Sat) 01:33 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。