なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竣工直前で住宅購入を半分あきらめた件(1)

擁壁問題が起こった時は、もうコレ以上大きなトラブルはないだろうと思ってました。
しかし、最後に大きなヤツが待ってました

まあトラブルというかなるべくしてなったというか・・・
完全に私がアホだっただけの話です。






話は年明けまで戻ります。今年です。
住宅ローンがまだ仮審査通過の状態だったので本審査を申し込みました。


以前からブログを読んでくれている方ならすでにお気づきでしょう。

『本審査のタイミングおかしくない!?』
と思ってるはず。

だって年明けといえばもう建具も全て付いて壁紙も貼られ完成まであと一歩という状態なので。
どう考えても遅すぎます・・・


普通は、仮審査通過→工事請負契約→本審査通過(金消契約)→着工 という流れだと思います。
私の場合、仮審査通過→工事請負契約→着工→本審査 という感じ。

ようするに、お金が払える(銀行がお金を貸してくれる)かわからない状態で工事が始まっているということです。
しかもすでに完成間近。


この流れもトラブルが起きたとき調べて初めて知りましたアホです。
それまで引渡しまでに、本審査通過→契約→融資実行の手続きが間に合えばいいくらいにしか考えてませんでした。
工務店側からも特に何も言われなかったこともあり。
なので追加の工事費用が確定するまで本審査は申し込まずにいました。
工事内容によって金額が結構変わりそうな予感がしたのでそれにより借り入れ額を決定しようと

着工後、一度設計Tさんとこんな会話をしたことがあります。雑談程度に立ち話で。

 私   『工事すすんでますけどもし住宅ローン通らなかったらどうなるんですか?』
 Tさん 『マズイ事になりますねー、ハハハ』
 私   『デスヨネー』
 Tさん 『実際そんな事が起こったことないのでわからないですね』
 私   『なるほど(笑)』

こういうのんきな会話ができたのもローン審査は余裕で通るだろうと2人とも思っていたからです。
工務店の他の方やファイナンシャルプランナーにも、借金を隠したりしてない限りまず通りますと言われてました。




というわけで年明けすぐに本審査を申込み、遅くとも2週間くらいには結果が出て2月中旬には融資実行できるかなという考えで申込書類を送りました。
その銀行は本審査通過から最短2週間くらいで融資実行可能だったかな。


そして工事がダラダラ延びても困るので、引渡し日を2月中旬に定め、引越し業者へ2月下旬某日に予約を入れ、引越し日を決めました
住んでいたマンションも2月末で解約する手続きを行いました。
少しずつ荷物を詰めたダンボールも増えました。







そして追加書類の提出や、審査が混み合う時期ということもあり1月末にやっと審査結果の報告がきました











そう・・・





お察しのとおり









『今回のご融資は見合わさせていただくことになりました。
ご希望に添えず申し訳ございません。ご了承くださいますようお願いします。』




承認不可



つづく・・・





にほんブログ村
スポンサーサイト

- 2 Comments

ゼロ  

No title

テツオぉォぉォぉ!
金融機関に何しちゃったの?
き、気になるw

うちのローン、どんな手順だったか忘れちゃいましたよ。
でも引っ越しは済んでるって事は、何らかのローンは通ったってことですよね?
うーん、気になるw
続きはよぉ!

2016/05/19 (Thu) 15:01 | EDIT | REPLY |   

テツオ。  

Re: No title

> テツオぉォぉォぉ!
> 金融機関に何しちゃったの?
> き、気になるw
>
> うちのローン、どんな手順だったか忘れちゃいましたよ。
> でも引っ越しは済んでるって事は、何らかのローンは通ったってことですよね?
> うーん、気になるw
> 続きはよぉ!

>ゼロさん
いや金融機関に直接何かしたというわけでは(笑)
一応何とか解決はして引っ越せました(;゚∀゚)
ほんと目処がつくまで不安でやばかったです。


2016/05/20 (Fri) 00:19 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。