なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gerhard Richter

引っ越してもうすぐ1ヶ月ですが、まだ荷物が片付いていません。
ネットも繋がってない状況です
でも最近テザリングができることに気が付きました。
なので久々に更新を。

ただ携帯のパケット量がやばい…
なので節約のため文字だけの記事にします。


今月のCASAはお野菜特集でした。
特に野菜に興味がないのでパラパラと流し見してると、見覚えのある建物が載ってました。

ゲルハルト・リヒターのアートとそれを設置するための建物。
一点のアート作品とそれを飾るためだけに建てられた小さな美術館みたいなものです。
なぜ見覚えがあるのかというとこの建物の計画時にパースを作ったからです。


そもそもアートに無知な私は最初「ゲルハルト・リヒター?だれ?名前かっこいいな」状態でした。
だいたいパースを作る前に対象の情報を軽く調べるのでその時もググッてみました。
するとどうやら有名な画家らしいということがわかりました。
中でも一番びっくりした記事は、絵が約26億円で落札されたというものです。
生存する画家としては史上最高額とか…
この絵でウチの家何個建つんだろうか


よく作るのはホテルやオフィスビル、商業施設なんかが多いのでちょっと新鮮で楽しかったです
竣工写真を見ると、アートも含めわりとCGのイメージどおりだったように感じます。自分的には。
建物のデザイン案もリヒターらしいので、当然本人も私のパースを見ているはずです。
CGも広い意味で絵なのでどういう感想だったか聞いてみたいなー。
直接本人とやり取りしてたわけではないので謎です。
向こうの担当のメールに「What a amazing quality!」的な文章があったので、少なくとも悪い印象ではないだろうと勝手に思ってます。


実物を見に行ってみたいのですが、なにぶんアクセスが悪いので結構キビシイ
ありがたいことに設計サイドからお誘いがあったのですが、割りと急だったのと岡山駅朝8時というなかなかハードな集合時間だったため断念。
個人的にはそれでも行ってみたかったのですが、抱えている仕事もあるので行かないことになりました。
残念・・・


あと数日我慢すればネットが繋がるので、またその頃から家の記事を書いていこうと思います



それではっ






にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。