なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

エアコンの配管が不安でしかたない

わが家のエアコンは3台の予定です。
LDKと寝室と子供部屋(当面は私の部屋)。
新しく買うのはLDK用の1台だけで、あとの2台は今使ってるやつを持っていきます。

平面図で記すとこんな位置です。

AC.jpg

赤い四角がエアコン本体で、1Fの上側が寝室、下側が子供部屋、2FがLDKのものです。

さて、ここで頭を悩ませたのが室外機の位置です
1F上側のエアコンに家は外に面してない壁に付いてます。
たぶん見た目の問題でこの位置になったのかな?計画中は特に気にしてませんでした。
通常は全てエアコンを外に面してる壁に配置して、そこから最短距離で室外機に繋げるのではないでしょうか。

ただ私にはどうしても室外機を置きたくないエリアがありました。
それがこんな感じ。

AC_Posi.jpg

この図の青い所に室外機を置ければ理想的です。
しかし見てわかるとおりエアコン本体からの位置が遠い
最短距離で室外機を配置すると絶対置きたくないエリアになってしまう
そこは設計Tさんも同じ考えのようでした。
なので置けたらベストのエリアは無理ですが、できれば置きたくないエリアには納まる様に考えてもらうことになりました。

しかしかなり距離が遠い・・・
けっこうな長さの配管が外壁を伝うことになるのだろうか
どの様な配置になるか、たびたび聞いてみましたがナカナカ回答が返ってきませんでした。
そして外観がほぼできあがった頃だったかな。やっと室外機位置を図面に書き込んだものを送ってもらえました。
まあ現場をちゃんと見てればこの時点では聞くまでもなくわかったかもしれませんが

室外機はこんな配置でした。

AC_Line.jpg

予想に反して壁や天井の中を配管が通っていました
いわゆる隠蔽配管というやつです。

おお!これならアプローチから見た時、配管や室外機が見えなくていい感じ






と、この時は思ってました・・・



後日何気なく隠蔽配管をググってみました。

すると良いことがほとんど書いていない
デメリットばっかです。
いいことは見た目がスッキリすることくらい。

今のエアコンが古くなり新しい物に交換する際、かなり費用がかかるらしい
配管を取り替えようと思うと壁や天井を剥がさなければならないので、
配管内を洗浄したりする模様。
それか新たに壁をぶち抜いて通常通りの配管を付け直すとか。
その場合古い配管はそのまま壁の中に残る感じかな。
しかも大手量販店なんかだと付け替え工事を断られるらしい・・・

あとは配管が水漏れしたりすると壁の中がカビたり。
配管の距離が長いので冷房(暖房)効率が下がったり。
さらには配管用の穴からゴキブリが出たり
他にも最近の機種だと隠蔽配管が使えないものがあったり。自動でフィルター掃除して外部に排出するようなタイプかな。


まあこんな感じで不安いっぱいです
もう後戻りできません。


しかしアプローチ部分に室外機を置きたくなかったので、デメリットを知ってても隠蔽配管にしてた気がする。
なので後悔はありません。
ただ不安なだけで


実際どうなっているかというと

AC_Haikan_In.jpg

壁や天井を配管が通っています。
トラブルで壁や天井を剥がさなければならなくなる事だけは避けたい!


そして外へ

AC_Haikan.jpg




エアコン交換する頃には、隠蔽配管でも簡単に工事できる技術ができてないかなー

密かに期待してます




ではっ




にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment