なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ・・・ウチの天井低いんじゃ・・・!?

ウチの隣に建築中のお宅もだいぶ工事が進んできました。
はやいなーと思いながら並んでる隣とウチの外観を眺めてると・・・

なんか違和感が


1階の軒の高さがほぼ同じ!
軒というか2Fバルコニーの底部分です。まあ軒なのかな。


これだけ聞くと何を言っているかわからないと思いますが
全然変じゃないというか当然だろうと。


しかしわが家の土地は隣の土地より500mmほど高いのです。
なのに1階の軒部分の高さが同じということはウチのほうが500mmほど低いということに。


もしやウチの天井って低いんじゃ。。。それとも隣が高いのか!?


気になってググッてみました

するとどうやら世のお宅の標準的な天井高は2,400mmらしい。

一方ウチは・・・
今まで気にしてなかったけど久々に断面図を見てみると、ウチのベースの天井高は2,200mm。

CH

断面図では一部天井が高くなっている所がありますがそこはLDKです。斜め天井になってます。
しかしそれ以外は全て2,200mm。
和室にいたっては小上がりがあるので2,000mmしかありません


ちなみに今住んでる賃貸マンションも測ってみました。
標準的な2,400mmでした。コレより200mm低くなるのねー


でも別に不満があるわけではありません
実際ちょこちょこ現場へ行ってましたが何も感じてませんでした。

たぶん各部屋が狭すぎて天井に意識がいかなかったのかも。
もっと広い部屋だったら圧迫感を感じてたのかな。

まあLDKさえ開放感があれば他はいいかなー

低いほうが落ち着くという説もある。
負け惜しみ・・・

このあたりは実際住み比べてみないと、私にはどっちがいいかわかりません
簡単には試せないですが・・・









ただ、なぜウチは2,200mmになったのかが素朴な疑問だったので、設計Tさんに聞いてみました。


理由は

『リビングの天井と変化をつけるため』

だそうです。


全部高くしちゃうとリビング天井と他の天井の差が少なくなって間延びしちゃうみたい。

なるほど。スッキリしました







まあ低いことによるメリットは他にもあります。(私の独断)


・階段を減らせる
  階高が低くなった分、段数を減らせます。
  200mm低いので一段削れそう。
  特に2階リビングなので階段が楽になるとありがたい。

・エアコンが効きやすい
  やはり天井が低くなった分、空間が狭くなって効きやすいはず。

・お隣さんにやさしい
  ウチの北側のお宅は、ウチが建つことにより眺望がかなり遮られます。
  挨拶に行った時、ウチの高さを結構気にされてました。
  なので階高が低い分、まだマシなはず。

・安定感がある
  単純に低いほうが地震の時など、安定してそう。
  素人なので完全にイメージですが
  でも同じ構造であるなら高いより低いほうが安定するはず。





やはりデメリットもあります。

・ペンダントライトが吊るしづらい
  寝室は元々の計画ではダウンライトでしたが、ペンダントに変えました。
  今の家で使ってるヤツを捨てるのがもったいないので再利用しようと。
  でもH2,200の天井に吊るすとジャマな気もする・・・
  



私が思ったのはこんなとこです。

とりあえず天井が低い理由が分かってスッキリしたという話でした



それではっ




にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。