なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初トラブル!確認申請通らず・・・(3)

不動産屋に追加費用の負担を交渉する前に、
まず本当に不動産屋に責任があるかのかどうかを調べてみました


改めて土地契約時の重要事項説明書を見なおしてみました。
ヤハリ擁壁については一言も書いてない


代わりに瑕疵担保責任について書いてある項目を発見。

重要事項説明書

隠れた瑕疵が見つかった場合について2年間責任を負うとあります。
この時点で土地購入から半年くらいなので期間は大丈夫。
問題は隣地の擁壁が隠れた瑕疵に当たるかどうか

土地の隠れた瑕疵というと、地面の中に何か埋まってたり土壌汚染があったり
一見してわからないものが一般的っぽいです。

ウチの場合はというと・・・


モロ見えてる!

全然隠れてない


まあ視覚的には見えてるけど敷地外だし説明も受けてないので
隠れた瑕疵にあたるのでは!?

ネットでググったり聞いたりしてもなかなか似たような状況が出てきませんでしたが、
1つ似たような判例が見つかりました

その中の一文です。

『本判決は、売主は宅建業者であり、本件売買契約の締結過程において、
本件崖条例の内容及び適用範囲について説明すべき売買契約上の付随義務があるのにこれを怠ったもので、
本件土地には崖条例に基づく法律上の制限があり、民法570条の隠れた瑕疵に当たるとして、
売主業者に対し、売買契約の解除又は不法行為に基づく損害賠償と原状回復すべき損害額を、
総額一億円超とした事例である。』

これはウチと同じように敷地外の崖に関するものでした。
どうやら隠れた瑕疵にあたりそう





これでこちらも強気で交渉できる

売主の不動産業者か、仲介の不動産業者、どっちに連絡しようか迷いましたが、
仲介の方へ連絡することにしました

この不動産仲介業者さんにはよくして貰ったので若干心苦しいですが、
そうも言ってられません。

追加費用もそうですが、何よりイヤなのはRC壁+断熱材で10cm内側に壁が厚くなること。
そこに面してる寝室とウォークインクローゼット、シューズクロークが狭くなるのが一番イヤ!


ということで連絡してみました。

相手がどう出るのかわからないので、まずは軽くジャブを。
隣地の擁壁の影響で現在のプランでは建てられなくて困ってることを伝えました。

すると

そんなはずはないんだけどなあ。
他にも似た様は土地を売ってきたけど普通に建てていたはず。(この辺りは擁壁のある土地が多い)
売主と話してみます(売主は住宅も販売している)
計画図面を送って下さい。

こんな感じでした。言い方はもっと丁寧です(笑)
この時点では、
もしかしたらプランを変えなくても建てられる方法を知ってるのかも。
と思い、相談という感じで連絡しました。

後日、直接図面を持って行き、改めて状況を説明しました。
高基礎などの対策についてはまだ話していません。
擁壁からのセットバックが必要ということだけ伝えました。





そして後日、不動産仲介業者から連絡が来ました。

仲介業者 『基礎を高くすれば今の位置に建てられますよ』


やっぱ高基礎だったかー

さてここから交渉が始まります
そこで私は高基礎のイヤな点(前回の記事に書いた内容)を全て伝えました。
初めから分かってたら、この土地を買わなかったとかも。
そして追加費用が掛かることも全て。

隠れた瑕疵にあたるとか判例のことは、まだ話していません。切り札的な感じです。

向こうも困っていましたが、結局どういう対応をしてほしいのか聞かれました。
土地の解約をしてお金を払い戻してもらうという選択もありますが、
せっかく色々決めてきたのに白紙に戻すのはイヤです



私 『単刀直入に言うと、高基礎による追加費用を全額負担して頂きたい』


というと


仲介業者 『ええ~そんな無茶な!いくらなんでもそれは無茶苦茶です!通りません!』


みたいな感じで向こうもヒートアップしてきました。


仲介業者 『一応売主さんと相談してみますが、おそらく無理ですよ。』


と言われたので、とりあえず返事を待つことにしました。
まあダメ元で言ってみたので、一部でも負担してくれないかなーと淡い期待を持ちつつ。





後日、不動産仲介業者から連絡がきました。

『売主さんと相談した結果、全額負担させて頂くことになりました。
事情を話したところ、それは気の毒だなあとおっしゃってて。
高基礎の図面と見積りを頂ければ費用を振込みます。』


アラ意外な結果に
まさか全額負担してもらえるとは・・・

どうやら一級建築士が擁壁を確認し、膨らみやヒビなどの異常がなければ
問題なく建てられると考えていたようです。
崖条例ではなく、別の規約を元に考えていたようです(何の条例かは忘れた)


図面と見積書を持って行くと、翌日には入金してもらえました。
売主と仲介どちらがどれだけ負担したのかは教えてもらえませんでしたが
全体的に対応がとても早かったです。


別に悪気があったり騙そうとしたわけではなさそうです。(そう信じてます)
向こうも今回のことは勉強になりましたと言ってました。


この時、分譲中だったウチの隣の土地が売れたということを聞きました。
隣の土地も同じ様な土地なので、揉めるんじゃないだろうか・・・と若干心配しています
どんな人なのかめっちゃ気になる



ということで一応解決しました!


でも部屋が狭くなるの嫌だなあ
結露が心配だなあ



みなさんも擁壁がある、もしくは隣が擁壁という土地を買う場合は気をつけましょう


ではっ



にほんブログ村

スポンサーサイト

- 2 Comments

ゼロ子  

No title

これが噂の崖条例事件ですか!
でも、本来だったら不要な工事費は負担してもらえてよかったですね。
お家に関しては、納得できない部分もあるだろうけど、今更、最初からやり直すってのも辛いですしね・・・。
でも、きっとまだトラブルが有るんじゃないかと、期待してますにゃヽ(゚∀゚)ノ うぇ───ぃ♪

2015/11/03 (Tue) 17:56 | EDIT | REPLY |   

テツオ。  

Re: No title

そそ(笑)コレです。
ほんと期待してなかっただけに出してもらえてよかったです。
今更土地探しから始める気力は・・・

そんな期待しちゃダメです( ゚ω゚;)
これ以上のヤツはないと思うけど、細かいのはちょこちょこありそうな予感。
ゼロ子さんも油断してると何か起こりますよっ

2015/11/05 (Thu) 03:37 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。