なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての収穫と建築をからめた植栽の本

今回はリアルタイムの記事です。


最近は植栽や外構関係のことにすごく興味があります
少し前はカーテンなんかの布がすごい気になってましたが今はこっちです。


とはいっても外構や植栽工事はいったん終わったので今すぐ何かをするわけではありません。
ウチにはスペース的に走り回ったりバーベキューができるような庭らしい庭はないのですが、敷地の中の空いている部分にいくつか植物を植えました。
例えばアプローチ脇などのスペースです。

ほんとはもっとたくさん植えたかったのですが、予定外にカーポートに予算を持っていかれ緑いっぱいにはできず・・・
でも緑が入ると家の印象がだいぶよくなりますね


土のまま何もしていない場所のほうが多いのでいつかどうにかしてやろうと妄想中





この間、本屋で適当に立ち読みしてるとおもしろくて思わず買ってしまった本があります。

Book_01.jpg

普段、雑誌か小説かマンガしか買わないので自分の中では珍しい。

家を建築中も植栽関係の本ないかなと軽く探してみたものの、案外思い通りの本がありませんでした。
なんかガーデニング(イングリッシュガーデン的なやつとか)や日本庭園の本、あとは観葉植物なんかの本くらいしか見当たらなかった

なんかもっと建築や外構とからめた植栽の本が読みたかったんです。

この本はまさにそんな感じ




荻野寿也さんは造園家の方で、造る庭は一言で言うと『美しい』
本のタイトルまんまですが

私が初めて知ったのは最初の外構打合せで、設計Tさんに荻野寿也景観設計のHPを見せてもらった時でした。
雑誌に出てくるような家の庭もたくさん造られているので、知らずに目にしている方も多いと思います。


荻野さんは建物の設計段階から関わることが多そうな印象です。
この本を見て、ウチももっと設計段階から植栽を意識すればよかったかもと感じました。

内容は盛り沢山だけど写真や図が多くて読みやすいです

特に家を設計段階の人、外構計画を考え中の人にはオススメです






こないだは妻が出掛けてたのでのんびりバルコニーで寝そべって読んでました。

_Bal_01.jpg

たぶん妻がいたら汚いから寝転ぶなって言われそうなんで
初めて寝転んだけど気持ちいい
ぬれ縁なら座ったりするし同じようなものですよね

ただ最近は黄砂がひどいから汚いといえば汚いかも・・・




ボンヤリ空を眺めるのもいいもんです

_Bal_02.jpg








そしてわが家初の収穫。

ジューンベリーがいっぱい

JBerry_01.jpg

初めて食べましたけど案外いけますね。
思ってたより甘い


よくスズメが2、3羽やって来て食べてます。
どうせ上の方は届かないし採りきれないので食べてもらってかまわない。

ただフンだけは土の上にしてねー





とりあえず取りやすい所だけ収穫しました
全体の1/5くらいだろうか。

JBerry_02.jpg

ミックスジュースにもして飲んでみたけど種が残るのが微妙・・・
味はおいしいけど。

そのまま食べて種を吐き出すのが一番かな

1才ちょいのウチの子は気に入ったらしく種ごとパクパク食べてました。



食べられる実のなる植物も増やしていきたいなあ



それではっ






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。