なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造作本棚の棚板を準備する

  • CATEGORY: DIY
前回の続きです。

棚に使う金物を上手工作所さんが作っていくれているので、その間に棚板をコチラで用意しておきます。

ネットで、710mm×240mm×30mmのタモ集成材を10枚注文しました
今は何でもネットで買えるなあ。寸法や多少の加工も自由に選択できます。




で、届いたのがこちら

Tanaita_01.jpg

けっこう重い。。。でも頑丈そう

当然のことながら、切り口がすごくキレイです。





ただひとつ問題が

切り口がキレイなだけあって角がすごく鋭利です

Tanaita_02.jpg

刺さりそう・・・

オプションでR加工とか面取りとかありましたが特に気にせずに注文してしまいました
こんなに尖っているとは・・・




仕方ないので自分で角を落とします。

サンドペーパーで削るのが一般的でしょうか。
しかし結構硬い木材なので10枚角を落とそうと思ったら時間がかかりそう。



ということでコイツを買ってきました

Tanaita_03.jpg

カンナです
2000円。

最初は面取りカンナを買おうと思ってましたが、ホームセンターなんかへ行ってみると全然売ってない
(すぐにでも作業したかったのでネットではなく直接店へ)

そして辿りついたのが日本橋(大阪)の細い路地にある小さな店。
日本橋というのは東京でいうアキバみたいなとこです。
道具屋さんなんかも結構多い


4帖くらいの店にずらっといろんなカンナが並んでいました。
面取りカンナもありました。
しかし結構高い。。。
店主のおじいちゃんが面落とすだけやったらこれでいけるんちゃうと勧めてくれたのがコレでした。
試し切り?試し削り?をさせてもらいましたが確かにいけそう
という流れで購入。
袋とかなく朝刊のチラシにくるんで渡すスタイル。いい感じ。




無事角を落とせました。

Tanaita_04.jpg

木目の方向がバラバラなので、集成材にカンナをつかうのはよろしくないのですがなんとかなりました。
サンドペーパーで落とすよりはるかに楽です






とは言いつつも一応サンドペーパーで仕上げます。

Tanaita_05.jpg

これで角にささる心配はなさそう









そして最後にオイルを塗っていきます

Tanaita_06.jpg

何を塗るか迷いましたが、よくわからないまま亜麻仁油に決めました。
でも塗ってみるといい感じ

どれくらいオイルが必要なのかもわかりませんでしたが半分以上余りました。
結構伸びてくれます。





あとは乾かして完成です。

Tanaita_07jpg.jpg

そんなに長く乾かさなくてもよいのですが、一週間くらいこのまま放置してました。






次回は取付け工事です






ではっ




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。