なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入居3ヶ月後にやっと造作本棚始動

引渡しまでに終わらなかった工事の1つに造作本棚があります。

なぜ間に合わなかったのかというと私が優柔不断だからです
どんな本棚にしようか迷っていて決めきれないまま引渡しを迎えてしまいました・・・


入居後3ヶ月ほど経ったころ、見かねた設計Tさんが『そろそろ本棚すすめませんか?』と
このままじゃいつまでたっても決まらんわーって思ったのでしょう。






まず本棚を設置する場所ですが、2Fのホールというか廊下のようなちょっとした場所です。

N_2FHall_01.jpg

この左側の壁です。
結構狭い・・・

ここにどんな本棚を付けるか迷ってました。

本はちょっとしか持ってないので、半分飾り棚みたいな用途になる予定です。
主に雑誌や小物、植物をおくような感じ。





本棚と聞いて、私が最初に思い浮かべるのはこんなやつです。

TanaSample_02.jpg

縦と横に板が通っている棚。
しかしこれをこのスペースに設置すると圧迫感がありそう。。。




そこで次にイメージしたのがこんな棚。

TanaSample_03.jpg

この写真の上2段の棚。
壁に板がくっついているようなもの。
これを床あたりから天井あたりまで並べる

縦の板がないので視界が抜けて圧迫感が抑えられそう
本もぎっしり置いたりしない予定なので。
シンプルでキレイな棚です。



ところがこの棚にするのはむりでした
外側に棚受けを付けず壁から生えているようにするには壁の内側でガッツリ固定しないといけません。
しかし棚を設置する部分の壁は、戸袋になっていて壁内で棚を固定するような奥行きがとれませんでした・・・






そしてだんだん迷走していきます
その頃の記事がコチラ




そして最終的にコレいいなって棚を見付けました

これ

TanaSample_01.jpg

かっこいいです
すごく好み。


しかしここでも迷いが。。。


問題はこの棚がウチの家に合うのだろうか・・・
上の写真の空間はインダストリアルというかヴィンテージというか、結構ラフな空間です。
マンションのリノベーションなんかでコンクリむき出しにしたような空間には間違いなく合うと思います。
しかしわが家にはそんな要素がない


設計Tさんにも意見を求めてみましたが、反応はイマイチ
『わが家に使うには少しゴツすぎるのではないだろうか。もっとシンプルな方が合うと思います』
的な感じでした。




そしてこの状態で思考停止したまま引渡しを迎えました










そして引越してから3ヶ月・・・





もうこの棚でいっちゃうことにしました

細かい仕様はもちろん異なりますが、写真を参考に作ってもらうことに




製作はダイニングテーブルを作ってくれた上手工作所さんへお願いしました。(工務店を通して)

N_Dinig_01.jpg

テーブルすごくいい感じにしてくれたので本棚も期待してます








後日、テーブルの時のように図面と見積りがあがってきました。
問題なかったのでそのままGOを出そうと思いましたが、、、

入居後お金の減りがやばかったのでちょっとでも安くしようと棚板部分はネットで注文することに

参考の写真では古材を使っていますが、ウチにはラフな要素がないのでタモ集成材を使うことにしました。
階段の踏み板と同じです。
ほんとは古材使ってみたい気持ちもあるんだけどなあ
私個人としてはラフな雰囲気のほうが好きなので。


いい感じになるかどうか不安ながらも楽しみな気持ちが大きかったです







続きは次回





にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。