なんとなく2階リビング

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WICに収納してた服にカビがはえる

カーテンの話に飽きてきたのでちょっと別の話を






去年の11月頃のことです。



冬支度のため上着をWICから出してきました。

するとそのうち一着にカビが

Kabi_01.jpg




寄ると白い点々が・・・

Kabi_02.jpg



これはカビを見付けてから1ヶ月後くらいに撮った写真なのでかなり落ち着いてます。
最初は白い斑点が全体的にビッシリと
きれいな水玉模様が・・・

いやほんと見た瞬間寒気がしました

現実逃避したまま寝室のカウンターの上へ、1ヶ月くらい放置してました






この服7、8年前から着てるのですが、カビが生えたの初めてです

BarbourのBedaleというジャケットで防水のため表面に防水のためオイルが塗ってあります。
そのため通気性が悪くカビが生えやすいとは聞いたことがあります。
他の服にオイルが付かないように裏返しにしてハンガーに掛けてたので余計湿気がこもったのかも・・・

見事にこの服だけカビが生えてました。
裏返しにしてたので他の服に移らなかったのは幸いですが








そして問題は新居に引っ越した途端カビが生えたということです

前のマンションも、その前のマンションも同じ保管方法だったにも関わらず全くカビは発生しませんでした。
マイホームでこれはヘコむなあ




現在のWICの写真です。
この中に同じように掛けて保管してました。

Clothes.jpg

見るからに湿気が溜まりそうですが、WICだと普通の光景のような気がします。
汚いのは否定しませんが






やはり原因はWICが家の中で一番日が当たらなく、湿気が溜まりやすそうな配置になっていることだと思います。

WIC_Fan.jpg

1階の北西角にあり、しかも壁の外は2.5~3mくらいの擁壁に囲まれている・・・
さらに崖条例対策のため、WICの壁はGLから2mの高さまでコンクリートになってます。

いかにも湿気がたまりそう・・・


計画段階からそれが心配だったので換気扇を付けてもらうようにお願いしてました。
図面ではAの位置に換気扇が書いてあり、まあ大丈夫かなと思ってました。

ところがいざ現場へ行ってみると取付けられているのはBの位置でした。

これではWICの奥は空気が流れないのでは・・・
と思って設計Tさんに確認すると、施工のほうからAの位置だと寝室全体をまかなえないと言われたそう。
なのでBの位置へずらしたらしいです。

私は素人なので、そういうものかなと納得しました。



しかし実際カビが生えるとやはり換気扇はAの位置、むしろもっとWICの奥へ付けたほうがよかったのではと考えてしまいます

まあ何が正解かはわからないですが。




とりあえず他の服などにはカビが生えてないのでこの服だけ気をつければ大丈夫かな

それにしてもいったいいつから生えていたのだろうか・・・
梅雨くらいからずっと生えてたり・・・
もしかして半年くらいカビを吸い込みながら寝てたのかも











ちなみにこのカビの生えた服はどうなったのかというと。。。






無事キレイになりました

Reproof.jpg

オイルでコーティングされているので普通のクリーニング屋さんでは洗えません。
自分で洗濯して古いオイルを抜いて、専用のオイルを塗り直すという方法はあります。
でもメンドくさいし上手くできるかわからない

以前ならイギリスに送ってメンテナンスしてもらうしか方法はなかったのですが、今は仙台にやってくれる業者があったのでそこへお願いしました

丁寧な仕事で新品みたいになって返ってきました


高かったケド・・・






みなさんもカビには気をつけましょう!

それではっ



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。